TEL092-281-0917 FAX092-281-9015 【年中無休】AM11:00 ~ 深夜2時 ( 日・祝日6:00まで )

コラム

Present for you

花は、まごころを伝えるたいせつなメッセンジャー。
誰に、どんな時に贈っても、これほどハートフルな贈りものはないでしょう。お祝いごとに、それぞれの記念日に、バースデーにそして手みやげに。
その場に応じた優しい心遣いをこめて、贈り上手になりたいものです。

花を送る主な機会
1月1日 元旦 8月15日 旧盆
15日 成人の日 9月15 敬老の日
2月14日 バレンタインデー   秋分の日
3月3日 桃の節句 10月16日 ボスデー
14日 ホワイトデー 31日 ハロウィン
  卒業式 11月15日 七五三
  イースター 12月24日 クリスマスイブ
  春分の日    
4月 入学式 その他
第4水曜 秘書の日 ●誕生日
23日 サンジョルディの日 ●結婚のお祝い、結婚記念日
5月5日 端午の節句 ●発表会、個展
第2日曜 母の日 ●出産祝い
6月第3日曜 父の日 ●お見舞い
7月7日 七夕 ●弔問・法要
15日 お盆 ●開店・開業祝い
  お中元 ●各種パーティ

One Point Advice

●花店に上手に頼むためには

どんな人に、どういう目的で贈るかを伝えましょう。
男性か、女性か、どんなイメージの人か、また、お祝い、お悔やみ、記念日など花を贈る理由も説明します。
そのほか、予算、形のイメージも大切です。
特別にほしい花があればあらかじめ依頼しておいたり、受け取る側の状況を考慮したりすることも忘れずに。
また、贈る日がわかっている場合は時間的な余裕をみて注文しておくとよいでしょう。
日頃から時々花屋さんに立ち寄って、どんな花が出まわってるかチェックしたり、人気の花を聞いておくと、いざという時にも大丈夫です。

●花を長持ちさせるコツ

花を長く楽しむには、まず、水の中で茎を気って水揚げすること。
よく切れるはさみかナイフで斜めに切ります。水につかる部分の葉は必ず処理してから花器にいけましょう。
また、茎からアクが出るので、毎日水替えを。このときに、そのつど水切りをしたり、器の中を洗ったりすると、ぐんと長持ちします。
置く場所は、なるだけ涼しいところに。花を乾燥させないよう気をつけましょう。

●ギフトに花をあしらう

贈りものに花を添えるだけでなく、ワンランク上の花あしらいをしてみましょう。
きっと、印象に残るプレゼントになるはずです。
例えば、ワイン好きの人にワインを贈るとき、ボトルのネックにリボン代わりに花でデコレーション。
短く切った茎にワイヤーを結び、フローラルテープで仕上げてネックに巻きつけます。
そのほか、花をあしらったオリジナルのギフトボックスを作り、その中にプレゼントを入れたりするのも素敵です。

COPYRIGHT(C) Qtane co.,ltd. 九州種苗株式会社 ALL RIGHTS RESERVED.